RSS

エアーキャスター車輪への空気の入れ方

空気を入れるバルブを見つけ、バルブに空気入れの注入口を差し込み
ロックができればOKです。難しくはありません。

手順1 バルブの位置を見つけましょう。赤い丸のところです。
     金属のパイプのようなものがあり黒いプラスティックのキャップで蓋をされています。
車椅子用エアーキャスターへ空気を入れる方法その1

手順2 黒いキャップをはずします。
     車輪が小さいので狭いですが、あせらずゆっくり回してはずしてください。
車椅子用エアーキャスターへ空気を入れる方法その2

手順3 空気入れを用意しましょう。
    写真の用に、2重構造になっているものでないと空気が入りません。
車椅子用エアーキャスターへ空気を入れる方法その3

手順4 自転車用の部品をはずします。
車椅子用エアーキャスターへ空気を入れる方法その4

手順5  空気入れの口を差し込みやすいように、キャスターのバルブを起こします。
車椅子用エアーキャスターへ空気を入れる方法その5
 
手順6 バルブに空気れの口を差し込みます。
     奥まで ずいーっと差し込んでください。バルブが奥へ沈む場合は、キャスターの裏から支えて押さえてください。
車椅子用エアーキャスターへ空気を入れる方法その6

手順7 口金のレバーを下に倒しロックします。
車椅子用エアーキャスターへ空気を入れる方法その7

ロックができたら空気を入れてください。
うまく入っていかないときは、手順6に戻って 空気入れを奥まで入れ直してください。
これが肝心要のポイントです。

それでは健闘を祈ります。

ページトップへ